気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  引っ越し。

冬瓜で緑のカーテン計画進行中。

きな瓜だと思ってたら冬瓜でした。
ウリ科のの仲間は苗の内だと見分けつかねーよ。
どうせならキュウリにしとけば、こまめに収穫できてよかったかも、と後から思いましたがもう遅い。
来年やろう。
キュウリは初めに植えたものが終了しました。
怒濤のキュウリラッシュでしたが、次はナスが。
夏野菜は攻勢激しいね。
モンスター化する前にいかに収穫するかの戦いであります。
でも、トマトはなんでか失敗の模様。
接ぎ木の部分でうっかりもいでしまったものも、植えておいたらついたんですが。
なぜかそれ以外のトマトがほぼ全滅。
萎れて枯れてしまいました。
雨のせいかなあ。
仕方ないので、今年はナスをがんばります。
テントウムシを退治するぞ。
星が十個あるテントウムシが、ナスを食べてしまいます。
ナスだけじゃなくて、キュウリやピーマンやトマトやジャガイモや…果てはホオズキまで食べるよ!
テントウムシダマシという別名もある虫ですが、テントウムシの仲間ではあるそうです。
ナナホシさんは園芸家の味方なんですけどね。
あとは、紫蘇を食べちゃう芋虫を退治。
糸を吐いて葉っぱをくるんとした中にいる奴。
芙蓉の葉っぱにつく虫と同じなのかな?
頭の方の新芽から食べちゃうので、要注意なのです。
…夏は虫との戦いになるので、面倒という意味で嫌ですね。
そんななので、葉物野菜は冬にしか作らなかったりw

で、タヌキの続報なのですが。
我が家の裏はちょっとした丘が丸ごと林になっております。
簡単にイメージすると、表現は悪いですが、昨今の豪雨で土砂崩れの被害を受けられたお宅の立地に非常に近い…だから、ああいったニュースを見る度に他人事に思えず怖いのですが、それはまた別の話。
家からすぐに土手が続いていて竹藪と雑木林の混合林だったのですが、何を思ったのか祖父がその土手の辺りを丸刈りにしてしまって数年。
やっと低い木が生えてきて、小さな茂みが出来てきました。
ついでに竹も生えてくるので、そっちはタケノコの内に退治してるんですが。
その土手の茂みにタヌキ一家が引っ越してきました。
昼間は寝ているようで静かなのですが、夜になるとキュウキュウ、クウンクウンと騒がしい騒がしい。
二階の窓を開けて覗いた時、ちょうど視線の高さにある茂みに巣を作ったようで、寝ているとダイレクトに騒音被害です。
以前姿を見せた親タヌキは、あるいは引っ越し先の下見にわざと姿を現していたのかもしれませんね。
姿を見せてもここの人間は襲ってこないな、と確認してたのでは。
てっきり餌場探しにうろうろしてたと思ってたのに、まさか住宅探しとは…予想斜め上過ぎ。
まあ、悪さしないならいいんですけど。
ただ、親タヌキの灰色がかった背中と、子タヌキの黒いお尻しか確認してないので、本当にタヌキかどうかが心配です。
アライグマが繁殖したとか…それだけは勘弁!
でも、今年は子宝運でもあるんだろうか。
睡蓮の鉢に2匹入れただけのメダカが繁殖して、子メダカが生まれました。
メダカを飼い始めて初めてです。
すごくすごく…かわいいw
まだ本当に小さいので、睡蓮の葉っぱの上に溜まった水の中で泳いでいたりするんですよ。
睡蓮や水草で込み合っているせいか、親メダカと一緒でも今のところ食べられたりはしていない模様。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/276-b91a49a1

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。