気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  睡蓮の植え替え

ちょっと時期的には遅いそうですが、どうせ花も咲きそうにないので植え替えちゃいます。

今回やった睡蓮ですが、またしても品種不明w
うちにある植物はそんなばっかかも。
ただ、見当をつけてみるとジプシーという品種がそれっぽいです。
赤い花で、葉っぱも赤味がかかっており筋状の模様があります。
全体的に小ぶりですが、姫睡蓮というほど小さいわけではありません。

もともと直径40センチほどの火鉢に直接植わっていました。
もう5年はその状態で放置されていたので、出そうとしたら土と根っこが不織布みたいになってましたよ。
絡まり過ぎてどうにもならなかったので、ホースの水で泥を洗い流してみました。
そして芽の出ている点を確認しつつ、手でぽきぽき株分け。
大小、8株ほどになりました。
…そんなにいらないし。
うちにあるあいている容器を寄せ集めてみましたが、もともと植えてあったものと合わせても3つしか用意できません。
とりあえずそこに詰めてしまおうと思います。

今回から睡蓮鉢の中に植え付け鉢を沈める方式を取りたいので、植え付け鉢用に百均で桶を用意。
穴が開いていない容器の方が肥料漏れしないので、メダカなどが飼えてよいそうです。
で、それを入れる睡蓮鉢代わりが、前述の火鉢の他、金属製の釜と素焼きと思われる鉢です。
釜…長持ちしそうな気がしませんが、穴が開くまでは使用してみましょう。
火鉢の方は朝~3時頃までの日当たりのよい砂利を敷き詰めた庭に置いていあり、そのままそこで使用します。
日当たりが良すぎで夏場の水温が気になりますが、火鉢の色が白いのもあってこれまでは比較的花も咲きました。
釜の方は日当たりは同じくらいの場所で、地面に穴を掘り、釜が半分ほど埋まるようにしました。
お釜池です。
残りの素焼きの鉢は、口の広さに対し高さがある細長い形状であまり睡蓮鉢に向いているものではないようですが、小さな一株なら何とかなりそう。
こちらは土のかさを高めにして、直接植えてしまいます。

本来の植え替え時期なら、古い根っこは役に立たないので切ってしまうそうですが、今回は時期的に微妙。
なので、もしかしたらの花に備えて株を分けるだけで後はそのまま植えます。
桶はちょうど二つ買ってきたので、それぞれに三株良さそうなのを植え植え。
はっきり言って多いですが…来春にもう一度植え替えるとして、今回は詰めます!
土は田んぼの土を一度天日干しして使いました。
蛭とかヤだし。
で、代用睡蓮鉢に沈めるわけですが、メダカを飼いたいので睡蓮鉢にはあらかじめ適当な砂利を底に敷きつめておきました。
うん、雑草除けに庭に敷いてあるやつを洗ってね。
ついでに、植え込み鉢の土の表面にも敷きます。
減った水を足す時に、田んぼの土だと粒子か細かく、水流ですぐに舞い上がり水が濁って汚くなるので、その予防に。
そして水道水を適量入れて完成。

…なんか、ちょっといいですw
タニシが湧いてきた頃にでも、お魚投入したいです。
水草も欲しいかも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/293-6795de3f

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。