気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  挿し木チャレンジ

今の季節は挿し木にもってこいの時期と聞きます。
ということで、いろいろ試してみたいと思います。


といっても、バラやアジサイの挿し木くらいしかやったことがない初心者。
方法や管理が完璧にできるはずもありません。
挿し木用の用土もバラで埋まっており新たな挿し木の余地もありません。
ということで、適当に切ってきた新芽を挿し水にしていきたいと思います。

基本ルールとして、
1 切ってきた枝の一番下の節のすぐ下で切り、その節の葉はもいでおく。
2 水は2、3日で交換。
3 挿し水は置いた場所から動かさない。
以上の点を守りつつ、庭に埋もれて忘れ去られているあれやこれを挿し水にしてみました。

現在、挿し水にしているものは以下、
・バラ
・カランコエ
・ツルニチニチソウ
・クレマチス
・キンギンカ(ハニーサックル)
・クチナシ

とりあえず、カランコエは挿して三日で発根。
どんだけ強いんだろう。
キンギンカは裏の山から庭に勝手に自生してきてるものから枝をもらってきました。
一時期大繁殖して花も香りも素敵だったのですが、つるを伸ばし過ぎて茂みになってしまったため、根元から伐採されてしまいました。
それでも復活してきたんだから本当に頑強な植物なのですが、野生種なのでドクダミ並みに地植えは禁物ですね。
クチナシは裏庭の茂みにずっと植わっていたようなのですが、去年まで誰にも存在を気付かれていませんでした。
ひっそりしすぎ。
まあ、裏の山から侵食してくるもろもろに紛れてしまっていたので仕方ないのですが…他にも紛れてる何かがありそうで怖いわw
今ちょうど、白い花を二輪咲かせていて可愛らしいです。
もったいないので、もうちょっと日の目を見る場所に移せたらいいのですが。

そういえば、植物活力素のメネデールは発根を促すので挿し水に使うとよいとか。
ちょうどうちにもなぜかある。
使ってみるべし!と思ったのですが…
猫が来たな~と思ったら、挿し水容器が置いてある方向からビチャビチャと水音が。
飲んでましたよorz
叱って追い払っても、すぐに忘れてまた飲みに来ます。
というか、通りすがりに「なんか水飲み場ができてるよ、飲んでこ~」くらいのノリっぽい。
猫ってやつは…
猫と挿し水容器の棲み分けはできないので、メネデール使用は諦めようと思います。
残念無念。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/298-5acac3d2

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。