気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  金魚を大火鉢へ

いつの間にか秋になってしまいましたが、ようやく大火鉢を水槽として本格稼働です。
てゆうか、ブログなんて忘れるくらい金魚に振り回されてましたよorz

飼育日誌代わりにブログを活用しようと思ったのですが、あれこれあり過ぎてブログじゃ間に合いませんでした。
なので、飼育ノートを地味に手書きでつけ始めたら、これがちょうどいい感じ。
日誌系は手書きに限るようです。
書くこと多い時は特にね。

***

さて。
この一カ月で結局、金魚ちゃんは半分以下になってしまいました。
金魚は殺して飼い方を学ぶしかない、という言葉を金魚の飼い方を調べる間にどこかで目にしましたが、本当にその通りに。
死なせてしまった金魚ちゃんは、ごめんなさいと手を合わせて花壇に埋めました。
今はトレニアがきれいに咲いています。
でも、これ以上お花の肥料にしないように頑張らねば!

で、残ったのは8匹。
一か月ほどバケツ飼育をする都合上、3グループに分けてあります。
1号バケツ、黒出目2匹+斑1匹
2号バケツ、斑2匹+赤1匹
3号バケツ、赤1匹+白1匹
微妙に区別しづらい組み合わせになってしまいましたが、同じ水槽から買ってきたことや出目金に配慮した結果こうなりました。
それでも、それぞれのバケツの中で順位のようなものが生まれてしまいましたが。

1号は、同居魚が出目金しかいないため、斑が他のコをバカにし腐って餌を横取りしまくり。
お陰でお尻ぷりぷり。
出目金は視力が悪いためか、基本的におとなしい性格のコが多いのかもしれませんが。

2号は、大体は群れて仲よしなのですが、斑の一匹を他のコたちが追いかける癖があります。
3匹が数珠つながりで食後に高速移動している様は、なんだろう…緊迫感があるのにちょっとシュールで面白いです。

3号は、赤が一回り体が大きいので、白の餌を横取りしがち。
でも、赤はビビり。
そして気の強い白と餌の後は必ずと言っていいほど、互いのお尻を追いかけあってぐるぐる。
…これを勝手に意地汚い争いと呼んでおります。w
2号もそうですが、食後の追尾行動は餌の匂いを追いかけているらしいですね。

で、そんな感じで微妙な力関係があるため、餌やりには気を使っているわけです。
ただ、一度だけ短時間ですが、すべての金魚ちゃんを同じバケツに入れた時は、あら不思議。
普段、いじめ癖のあるコも喧嘩を始めず、かといっておびえている風でもなく、むしろなんか、なじんでいるというか群れている?
あまり大きくない金魚ちゃんたちなので、数が多い方が案外安心するのかもしれません。
しか~し。
その時は、消化不良気味の金魚ちゃんたちに青水沈殿物を食べさせようと、大量の餌が入ったバケツに投入した時だったので、ただ単に喧嘩する必要もないほど大量の餌にフィーバーしていただけの可能性もありますが。
何もかも忘れるほど、餌に夢中…底なし食欲の金魚ちゃんにはあり得る気がします。

***

本題の大火鉢ですが。
いわゆる空の水槽の稼働というのを一カ月ほど行って、バクテリアの繁殖を試みました。
1号バケツ組を投入して数日なのでまだ効果のほどはわかりませんが、今のところ元気そう。
とりあえず、金魚ちゃんにヤバいものが繁殖してしまった気配だけはなさそうです。

ただ、気がかりが一つだけ。
金魚を入れて三日目の夜中でした。
心配過ぎて懐中電灯片手に様子を見に行ったのですが、いつもなら底の方か隠れ家に潜んでいる金魚ちゃんが、その時は別の場所にいたのです。
田んぼで採ってきた蘚苔類を詰めた透明カップの中で、斑と黒出目の二匹が…きゃっきゃうふふ?
うふふ?
遊んでいると思っていたのですが、二日後の朝にようやく気付きましたよ…
産卵!
マジすか?!
本当に驚きました。
1号組が一番育ちは良かったのですが、とはいっても体長3センチほどのちまい金魚ちゃんなのです。
しかももう秋だし。
まさか産卵するとは思いませんでした…
夜中に邪魔したせいか気づくのが遅れたせいか、卵は二粒ほどしか見つけられませんでしたが…
新たな問題です。
これどうしよう…
とりあえず、親に食べられてもかわいそうなので、カップごと青水バケツに隔離しました。
受精卵なら、遅くとも一週間ほどで孵るそうなのでそれまで様子を見たいと思います。
孵ってくれたらうれしいけど、その時はその時で対応に困りそうなんですが…
もう!
いろいろキャパオーバーなのよ!

それにしても、産卵しちゃうくらいなら大火鉢水槽はうまくいってるのかも?
油断はできませんが。
でも、とりあえず順調とは言えそうです。
そう思えるまでが長かったのですが、その辺りの仔細は次回。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/316-dfeabcd6

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。