気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  青水量産計画

早速、金魚ちゃんのショートステイで青水作成を試してみました。

といっても、いきなり新水に金魚を入れて…というのはリスクもありそう、時間もかかりそう。
なので、大火鉢の廃水を使用しました。
大火鉢を本格稼働させる時に水替えをしたのですが、その時出た廃水を取っておいたんですよね~
大量だったし、後で花の水やりにでも有効利用しようと。
ただ、同時に何かが閃いて、もしかしてこれも青水の元にできるんじゃね?と考えて、試しに日光浴もさせてあったのです。
それが意外に正解だったようで、3日もするとうっすら緑に色づいてきました。
とはいえ、そこに金魚ちゃんをいきなり投入する勇気はないので、バケツ排水から作った青水が死んで沈殿物と上澄みになってしまったものに、大火鉢廃水でできた青水を加水する形で入れて、そこに金魚ちゃんを投入しました。
真水と金魚ちゃんが入っていたバケツの青水も多少加えて、安全確保。
金魚を入れたまま一日日光浴。

もともと金魚ちゃんを入れてあった青水バケツも、水草を入れて日光浴。
金魚ちゃんが入っているので、いつもは南向きの玄関に置いてあり、直射日光が当たることはないのですが、金魚ちゃんが入っていさえすれば間接光でもそれなりの濃度の青水が保てるようなのです。
まあ、心配なので時折屋外で作ってある青水を足しつつ、昼間家にいる時には屋外で金魚ごと日光浴をさせてはいましたが。

さて。
大火鉢廃水の青水バケツですが、結果としていい感じ?
時折日が差す程度の曇りという天気でしたが、一日金魚を入れて日光浴しただけでも色が濃くなった気がします。
金魚にも何の問題も見られません。
沈殿物をバキューム&噴射してご機嫌です。

これはいけます。
次は新水の分量を多めにして、金魚ちゃんにショートステイをお願いしよう。
餌をちょびっと大目に与えれば、いい感じに水を汚してくれますよねw

今までちょっとできた青水を大火鉢の加水に使う感じで青水化を図っていたのですが、直射日光が朝しか当たらない立地もあり、一向に色づかず。
でも、バケツの水量で青水と交換する形で水替えすれば、いけますよね。
火鉢の中が見通せるきれいな水は惜しいですが、冬でも金魚ちゃんたちをぷりぷりさせるために諦めます。
目指せ、おいしい水!

…おいしい水。
そういえば、飼ってる猫もお気に入りなのです。
こっそり盗み飲みして、だし汁うめ~と言っております。
植物プランクトンは、猫にも整腸作用があるのでしょうか。
それとも本当にだしが出てる?!
でも、金魚ちゃんのことはガン無視なのよ。
小さすぎて身がないから??
そういえば、昔飼ってたハムスターもガン無視されてたなあ…
天井から落ちてくるヤモリさんにはフィーバーするのに。
謎なのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/319-00d6b525

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。