気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ボウフラVSボウフラもどき

稚魚バケツでボウフラを発見しました。

しかもかなり大きく…
慌てて取り除きましたが、水面をよく見てみると稚魚の抜け殻っぽい何かがいくつも端っこに浮いていましたorz
これはボウフラにやられたと見るべきですよね…?
かわいそうなことをしました。
一応、稚魚がある程度大きくなるまで水替えの必要がないよう、卵の段階で水替えはしてあったのです。
が、元にしたバケツか青水に蚊の卵が混ざってたんでしょうね。

しかし、被害にあった稚魚を除いても、孵った稚魚は他に最低5匹はいます。
確認しきれないので、しかとはわかりませんがもう少しはいそう。
どこからどう見ても虫にしか見えない針子の稚魚がバケツの縁やら沈めてあるゴミキャッチャーやらにしがみついています。
可愛いと言えばかわいいのですが…ムシムシ感は拭えません。
ちょろっと泳ぐところを見ると、あ、魚だ!と思うのですが。

ちなみに、水温は26度ほど。
エアレーションをしていないので、水温計(代わりの温度計)が沈めてある、水面近くの方が高めの水温になっているのでは…と考えても、まあ全体平均で25度ほどではないかと。
この水温でも今のところ稚魚におかしな様子は見られません。
小さすぎて、様子がおかしくなっても判別できないだけかもしれませんが。

針子の状態は3日ほどで、その後泳ぎ出すようになると餌を食べ始めるそうです。
早く泳ぎ出さないかな~わくわく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/326-6aee38bd

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。