気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  黄色いお腹

早いかと思いましたが、稚魚が泳ぎ出した段階で水替えを敢行しました。
先日見つけたボウフラのように、他にも外敵となる虫が潜んでいてはいけないので。

一日経過しましたが、元気そうにしています。
ただ、水替え時におおよそ10匹ほど確認できたのですが、翌日確認できたのは7匹ほど。
小さいので物陰に隠れて見つけられないだけかもしれませんが…減ってないと嬉しいです。

泳ぎ出すようになってから卵の黄身を水に溶いたものを与えています。
与えても食べているのかいないのかよくわからなかったのですが…
今日はじっと観察していると、ぱくついているところを目撃できました。
ついでに、大きすぎるブツにチャレンジして吐き出している現場も。
小さいながらも食い意地が張っているのは立派ですが、口に詰まっちゃった!吐き出せない~!ってもごもごするのは心臓に悪いのでやめてほしいです(汗)

ただ、そういう食欲のあるコはお腹もしっかり黄身の色に染まっていて、口から肛門まで黄色い線状に腸が透けて見えて面白いです。
上から見ると、尻尾の先も菱形になってきました。
さらに目を凝らすと、胸鰭もぴろぴろしています。
可愛い…

今のところ、青水も水温も稚魚に影響はなさそうです。
他に気になるところが、水深なのですが…
バケツに普通に水を入れてしまったので、水深は15~20センチほどあります。
深いと浮き袋の成長に良くないとか聞いたのですが…これくらいなら許容範囲でしょうか?
ダメなら他の容器を探さないといけません。
さすがにバケツの水深を浅くすると、今度は水量の方が心配になってきます。

***

さて。
孵化した稚魚ちゃんが順調で喜ばしいところなのですが。
わ~い、稚魚が泳ぎ出した~と浮かれたすぐ次の朝…
親魚がまた産卵…orz
しかも、まだ追尾が続いているという…!
卵は回収しましたがオスメスを隔離している時間がなかったため、そのままの状態で放置するしかなく、次に見てみると産卵済みでした。
ということで、稚魚バケツに卵を追加。
親がほとんど食べてしまっていたので、2回とも回収した卵の数は前回より少なかったことだけが幸い…かな?

しかし、これで完全にオスメスが判明しました。
産卵があった大火鉢には8匹の金魚がいますが、オスメスはちょうど半々だった模様。
つまり、メスが4匹いたので、産卵も四回あった…ということでしょうか?
小さい金魚なので、同じコがそう何度も産卵するかなあ…?と推測してみました。
その辺りのことは、勉強不足なのでよくわかりません。

最後に目撃した追尾は、産卵直前or最中だったと思われ、2匹のメスがそれぞれオスに追われていました。
白いコ(メス)←赤黒ツートン(オス)
オレンジのコ(メス)←赤、斑、出目(オス)
という組み合わせ。
オレンジもてもてw
また、白いコと赤黒ツートンカップルの方は追い込みが終盤に差し掛かっていたようで、ツートンが白を器用に蘚苔類の茂みの中に誘導していました。
産卵シーンは見られませんでしたが、白も自分から苔の中に頭を突っ込んでいたし、あれで産卵していないはずがないと素人でも思います。

あと、追尾に参加していなかった残りの2匹。
これは、もう卵を抱えていないメスだから、と考えました。
オスだったら追尾する側に回るだろうし。
出目金は除いて、メスと見当をつけたコはどの子も上から見ると見事におかなからお尻にかけてプリッと膨らんでいます。
金魚のオスメスを体型で見分けられるという話はあまり聞かないのですが…この場合はありなんじゃないでしょうか。

ただ、問題が一つだけ。
出目金です。
2匹いるのですが、上から見る限り体型では判別不能なのです。
横見なら多少違いもわかるのですが…給餌の際の行動なら明確に判別できるのですが、水中で普通に泳いでいるとどっちがどっちだか(汗)
来年から繁殖の時期にはオスメスを分けようと思っているのですが、出目ズは分けられそうにありません。
出目ズだけ単独バケツ飼育というのも、不憫だし手間です。
…来年は出目ズのみ繁殖?
…素敵に黒出目増殖?
まあ、仔引きするなら親の組み合わせを考えてやりたいものですが…繁殖は目的じゃないし!

そういえば、孵化した稚魚たちの親は一体、どのコたちだったんでしょう?
父親側は皆目。
母親側は出目かな、と見当をつけてみましたが…完全に勘。
稚魚は生まれてすぐの毛仔→泳ぎ出す針子→黒い黒仔…と段階を踏んでいくらしいのですが、金魚らしい体型になってくる黒仔の段階でも色は黒一色なので、色柄から親を推測…とはいかないようです。
もちろん、大人になれば別ですが。
ただ、出目はどうなんでしょう?
出目金の稚魚はどの段階で出目になるのかな?
…と調べてみると、2か月ほど。
黒仔の期間が大体それくらいだそうなので、その期間が過ぎないと出目かどうかもわからないということですかね。
残念。
逆にいえば、2ヶ月頑張って育てると、そこから一気に毛が生え換わるような劇的な変化を楽しめる、ということでしょう。
それはそれで楽しみですw

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/327-91707cb1

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。