気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  尾びれの血走り

大火鉢の親魚たち。
産卵したことなんてすっかり忘れたようで、毎朝人の気配で餌くれアピール。
子育て丸投げしといて…(怒)
とちょっとイラっとしないでもない今日この頃w

でも、元気そうだったのでお世話は結構適当でした。
餌やって、三日くらいで3分の1の水替え。
それだけ。
ただ、気温が下がってきたせいもあり、青水は完全に透明になってしまいました。
薄いとかじゃなく、もう色がついていません。
加水用にバケツで青水を作っていたのですが、そちらも透明化。
夏場はともかく、寒い時期に青水を維持するには日照と生体が必須のようです。
つまり、何時間か日光が当たる環境で、金魚が入っていないとダメ。
福ダルマを入れてある小火鉢は両方の条件が揃っているので、濃くなって困ることはあっても薄まることはありません。

もう一度青水化を図るには時期的に遅いと思うので、さら水飼育に変更にすることにします。
今のところ、金魚ちゃんも元気そう…
と思っていたのですが。
最近、斑模様のオス2匹が、色柄がぼやけてきてしまいました。
赤黒のツートンだったコは、うすらぼけの黒っぽいオレンジに。
赤黒白の3色だったコも、オレンジ色味が強くなり、特に尾ヒレにオレンジの滲み模様が。
病気ではなく、色柄が変化しただけだと思うのですが、結構急に変化しました。

これと前後して、砂利と水作のフィルターをすすぎ洗いしました。
砂利と水作はメッシュになった三角コーナーに入れてあるのですが、ゴミ取りをする時に少し動かしただけでかなりゴミが舞うようになってしまったためです。
洗ってみたら、ヘドロ状の汚れがかなり詰まっていました。
ただ、自分でも忘れていたのですが、青水飼育をするつもりで水作の中身をただのスポンジに変えていたんですよね。
さら水飼育にするなら、ウールろ材を戻しておくべきかも。

水温が下がってきたせいか、はたまた水質を悪化させてしまったのか、最近金魚ちゃんたちが大人しいのです。
元気に泳いでいるのですが、前のようには水面に上がってこないような…?
気になって様子を見てはいたのですが、異常という異常は発見できず。
ただ、今日になって1匹、尾ヒレが血走っているコを見つけました。
血管が浮き出るように、尾ヒレに赤い筋が見える症状です。
全身真っ白の金魚ちゃんだったため、見つけることができました。
すぐに他のコも様子を見ましたが、このコだけのよう。
この症状は水質が悪い時に見られるらしいのですが…いつからでしょう?
そもそも、ヒレの白い金魚が一度でもこうなると消えないそうなので…
見る限り、確かに血走ってはいるのですが、赤いというよりピンク。
この白いコ、尾ヒレの左の先が折れていて、そちらにばかり目が行っていたので、他がどうだったか全く覚えていませんorz
こういう時、写真を撮っておくべきだなと思いますが、今更。

とりあえず水替えを大目に、3分の2を変えて様子見です。
ついでに、明日から大潮なのでメスをゴミキャッチャーに隔離しました。
受精予防です。

産卵に、青水透明化…
予定が狂って本当に困ります。
冬は青水飼育のつもりだったので、さら水飼育の仕方を改めて勉強中…
といきたいところですが、稚魚飼育の勉強で脳みそパンパンなので、親魚はうろ覚え知識で乗り切ろうと思います。

…さら水飼育うろ覚え知識。
1、水替えは控えめでOK
2、フィルターでろ過しまくってOK
こんなん…?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/338-705d4b2a

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。