気が向くまま何か作るよ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  苗追加

仔猫を里子に出して数日。
完全に仔猫ロス。
気を紛らわそうと、クリスマスローズの苗を衝動買いしてしまいました。


1~2年生と思われる苗を4株。
花が咲くのは来年以降ですが、5百円前後なのでお手頃でしょうか?
相場はよくわかりません。
ただ、育てる楽しみがあるので、個人的にはむしろそういう株の方が好きかも知れません。
バラの場合だと、花が咲くまでの手入れで満足してしまうようで、蕾をつけるまでは楽しいのですが、咲いてしまうと案外興味がなくなってしまうのです。
というか、株の充実のためにさっさと花を切りたくなって仕方がない…
本末転倒~

今回手に入れた株は、交配種2株と原種2株です。
交配種は、糸ピコティとホワイトブロッチ。
原種は、ボッコネイとクロアチカス。

うっかり衝動買いしてしまったものなので、後から原種なんてどう育てるんだろうとドキドキ。
調べてみると、もともとの生育地の環境で気をつけるポイントが違うよう。
ただ、交配種とボッコネイは同じ扱いで問題はないよう…つまり丈夫らしいのでちょっと安心。
逆にクロアチカスは、低湿の涼しい高地に生えるもの…日本の夏の高温多湿と相性は最悪ということでしょうか。
少し気をつけてあげようと思います。
成長も遅いそうで、実際に株も一番小さいです。
というか、売られている時から葉先から枯れ込んでいたのですが…
クリスマスローズは根っこが丈夫ならいいんだよね?と買い込んでしまいました。
どうなんでしょう?
今頃からが発育シーズンだそうで、新しい葉っぱが出てくればいいのですが。

そういえば、有茎種もないかなと探してみましたが、見当たりませんでした。
本来の意味でクリスマスローズを指すニゲルも発見できず。
釣鐘型のヴェシカリウスやフェチダスもいいのになあ。
シーズンは始まったばかりなので、その内探し当てて購入してしまいそうです。

さらに、苗は買ったものの、鉢や用土の用意が追いつかないのです。
こっちも新たに出費があるのに考え至らずorz
こんな調子でやってるとクリロー関連経費がウナギ登りしてしまうので、必要経費の月額上限を決めた方がいいですね~
月3千円以内で行こう。
ということで、今月は苗代で満額。
用土と鉢代はさっそく来月分から前借です…

鉢は、根が長く伸びるそうなのでスリット鉢のロングを使用します。
軽いですしね。
ただ、用土の方が悩みどころ。
クリスマスローズ用の用土の配合は、赤玉5・腐葉土4・軽石1が大抵勧められているように思われます。
品種の特徴や栽培する地域の気候で多少、水はけを加減して配合率を変えることはあっても基本はそんなところ。
勝手に夏場の水はけが重要なんだろうなと考えて、鹿沼土多めの適当配合で先日手に入れた2株は植え替えてしまいました。
園芸初心者なので、それっぽいものがそれなりの配合で混ざってればいいんじゃね?という安易な発想。

ただ、用土と肥料の他にphも気をつけなければいけないと最近気づきました。
クリスマスローズはおおむね弱酸性から弱アルカリ性の土壌を好むそうです。
なんだか金魚と一緒ですね…
鹿沼土や赤玉土は酸性なので、石灰などで中和する必要があるらしく。
落ち葉焚きの灰や石灰乾燥剤、卵の殻でも代用できる?
すでに植え替えてしまったものは今から用土に混ぜることもできないので、表土に撒いてみようと思うのですが…どうでしょう?
乾燥剤の石灰は強すぎるようなので、後からやるなら灰か卵の殻かな。
バラも弱アルカリの方がよいようなんですよねー
失敗しました。
まあ、それほど量はいらないものらしいので、これは新たに買い込むのではなく、身の回りにあるもので代用してみたいと思います。

ということで卵を食べよう。
昔は卵は1日1個と言われてましたが、最近は違うよう。
卵好きには朗報なのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunadorinekotyan.blog10.fc2.com/tb.php/342-77570bdb

 | HOME | 


プロフィール


    sabatoraseijin

    Author:sabatoraseijin



月別アーカイブ



検索フォーム







カウンター


  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。